Case Report

都心に暮らすメリットを活かした
シンプルで快適なセカンドライフのための住まい。

スケルトンリフォーム

H様ご夫婦はご主人さまの定年退職を機に、10年前にお子さまが東京の大学に進学する際に購入した築27年のマンションをリフォームし、関西から移り住むことを決意。
都心で立地が良いため買い物や食事が外で気軽にでき、来客は周辺のホテルに宿泊してもらえることや、これまで住んでいた戸建住宅ではお子さまが独立され使っていない部屋も多くあったことから、パブリックとプライベートのゾーン分けをしながら間仕切りを極力無くしたシンプルなプランに。適材適所の収納や防音のための二重床など、無駄のない空間構成に快適性も高めた住まいで、H様ご夫婦はセカンドライフを満喫しています。

  • □築27年
  • □面積:65m²
  • □費用:約1,110万円(税込)
  • □構造:RC造
  • □施工:東京ガスリモデリング

間取り

間取り

キッチン

リフォームビフォーアフター

壁に面していたL字型キッチンを大きな窓に面するように移動し、新たにカウンターを設置して動線にも配慮。キッチン全体がぐんと明るくなり広さを感じさせます。

リビング

リフォームビフォーアフター

既存のLDKと隣接する和室、その先の洋室の一部を使って広々としたLDKに。食事も寛ぎも趣味の時間も、ご夫婦共にこの空間で生活を存分に楽しんでいらっしゃいます。

お客さまのご要望

  • 配管も含め全て新しくしたい。
  • 面積が広くないので、無駄な部屋や廊下をなくし広く使えるようにしたい。
  • 明るく白いインテリアイメージにしたい。
  • 段差をなくし、床の防音をしたい。

ご提案

  • 買い物、宿泊などが便利な都心のメリットを活かした「必要最小限の物しか持たない」H様のライフスタイルに合わせ、いつ来客があってもおもてなしができるパブリックと気兼ねなく寛げるプライベートの明確なゾーン分け、無駄なスペースや動線の解消、適材適所の収納の配置などを考えた住まい造りとしました。
  • お手持ちの家具やインテリアがマッチするような白をコンセプトとした内装にしました。その中でも質感のアクセントとなるようキッチンカウンターやトイレ手洗いにモザイクタイルをご提案しました。
  • 遠方在住だったので、郵送やメールでもご納得いただけるよう「見てわかる資料」作りをしました。東京での打ち合わせは多くできないので、普段は対面でお話しするような床段差の説明や換気ダクト経路等を図面や文章で表現してお送りしました。

リフォームを終えて、お客さまからのご感想

  • 関西に住みながらの打ち合わせでしたが、担当者が私たちの好みを理解してくれメールのやり取りでも安心して任せられました。
  • 担当者が提案してくれたモザイクタイルは、一目で気に入りました。担当者のセンスも信頼できるものでした。
  • 収納に関しては、こちらが要望していないことでも生活スタイルを見据えて提案してくれたので、とても便利で助かっています。
  • LDKなど二人で暮らすのに十分なスペースで、戸建の時のように光熱費などが余計にかかる心配がなくなりました。スペースを十分に活かした間取りを提案してくれて満足しています。